手元供養の「ほうじょう」、遺骨ペンダント、納骨ネックレス、骨壷、ミニ骨壷、お骨アクセサリー、粉骨のお店 | ブログ

 

マネージャーブログ

悲嘆 グリーフとは?

悲嘆は大切なものを喪失したことで生じる負の感情です
特に40代、50代になると親が亡くなったり、親戚や友人が亡くなったりと様々な
死別の体験をするようになります。
「死」は誰にでも平等に訪れます。
大切な大事な愛する人を亡くす時を迎えるのは、誰も避けて通ることはできません。
私達、誰もが「おくりびと」となり、愛する人を失った悲しみを胸に生きて行くことになります。やがては自分自身が「おくられびと」になって、愛する人たちとお別れすることになります。悲嘆の原因となる喪失の対象は愛する人の死だけではありません。
離婚、失恋、会社の倒産、裏切り、受験の失敗、自尊心、健康など、様々な要因が人の心に負の感情・悲嘆を生じさせます。誰もが多くの喪失体験を繰り返しながら生きています。悲しみの深さは愛情の大きさに比例すると言われています。大切な人を亡くした時に、人が変ったようになったり、情緒が不安定になることは当然のことです。
人の苦悩や苦痛、そして人の悲嘆は一人ひとり違って当たり前、愛する家族との別れの数だけ、悲嘆の数があってもよいのではと、いわれています。
 

 
 
2019.06.19

その他のブログ記事へ